資格と専門学校

整体学校に通う

最近マッサージや整体等の手技療法を仕事にしたいと思う人が増えています。マッサージ師になるには、国家資格ですので、専門学校に3年間通い卒業することと国家試験に合格することの二点が条件となりますので、非常にハードルは高いと思います。それに対し、整体師になるには、特に法律上で必要な資格等は無いので、整体師であると名乗りさえすれば整体師になれないこともありません。ですが通常は、整体の学校に通い技術を学んだ上で、民間の資格を取得するケースがほとんどです。整体師になるには、マッサージ等の国家資格に裏付けられた職種とは違い、学校での訓練期間や学費をかなり節約することができますので、今すぐに手技療法の仕事に就きたいという人には、整体師になることをお勧めします。

整体学校を比較検討

整体師になるには、整体学校に通うのがスタンダードな方法ですが、学校によって教える技術は千差万別ですので、入学する前に複数の学校を比較検討した上で選択することが重要です。整体とは文字通り、身体を整えることを意味しますが、その手法は非常に多くあります。整体のアプローチ法を大まかに挙げると、筋肉を調整する手技、骨格を調整する手技、リンパや血流を整える手技、経絡や経穴を整える手技等があります。それぞれが独自の視点で理論を構築していますので、自分が選択した学校の理論や手法に従わなければなりませんので、納得した上で入学をするようにしましょう。期間や費用は学校によりまちまちですので、整体師になるには最短2週間程度の訓練でも可能なのです。