金額や傾向を把握する

金額や価格の傾向

理学療法士とは、医療機関などで身体に怪我や病気の影響で身体の障害がある人や予測される人に基本的な動作ができるように、運動的なトレーニングや器具などを使用した治療を施す人です。医療機関で医師の指示のもとで、そのような治療を行います。 現在理学療法士の専門学校は全日制で約3年から4年通学し、授業や実技、実地研修などを受け必要単位を取得後、国家試験を受験することができます。専門学校卒業し、国家試験合格後に初めて、理学療法士として認められ勤務することができます。理学療法士を要請する専門学校に通学するための、金額や価格ですが、初年度は入学金が必要なので150万円、次年度からは年間120万円程度必要となります。専門学校の費用は年々上昇してきています。

学校の歴史や変遷

理学療法士を養成する専門学校ですが、ここ最近全国各地で多く展開されるようになりました。日本で初めての理学療法士養成専門学校は昭和38年に設立されました。その当時は授業はすべて英語で行われていました。その後、全国各地で理学療法士を養成する専門学校が設立されてきました。平成元年当時で66校の養成学校があったそうです。 現在ではそのような専門学校で学んできた理学療法士が約10万人います。医療機関で働いている人々がほとんどであり、離職する人は少ないとです。理学療法士の年収は、300万円から400万円と安定しており、男女ともに人気の職業です。そのため、今後も理学療法士養成専門学校を希望する生徒は多く増加していくでしょう。