整体の内容を学ぶ

内容と必要な資格

整体とは、主に手技を用いて骨格や筋肉など体の歪みを矯正して、様々な不調を治すことを目的とした療術です。現在の日本では整体師の国家資格が設けられていませんから、無資格でも整体師となることができます。しかしながら、整体は医療制度の中で代替医療の一つとされていますし、人の体を扱う職業ですから、一定以上の知識や技術を持ち合わせることが必要であるといえます。 また、整体と同じように手技を用いる療術として、マッサージや柔道整復、鍼や灸があります。これらは国家資格となっているものですから、整体師が無資格でこれらの療術を用いてはいけないことになっています。特に、マッサージと整体は似通っている部分がありますから、注意をする必要があるでしょう。

整体スクールについて

整体師になるにはいくつかの方法があります。上述したように資格が必要ありませんから、特定の試験を受けなくても整体院に就職することができれば、そこで技術を学びながら整体師となることができます。また、通信講座などもありますから、独学で学ぶこともできます。 しかしながら、一定以上の効果があるような施術技術や知識を身につけるには、専門の整体スクールに通うことも有効です。整体スクールでは経験豊富な講師により技術や知識を集中的に学ぶことができます。また、整体スクールによっては独自の資格を設けていることろもありますし、卒業後の就職をサポートしてくれることろもあります。それぞれに講座内容や金額などが異なっていますから、整体スクールに通おうとする際には、事前に確認しておくことが必要です。